入れ歯denture

入れ歯治療

保険適用の入れ歯

健康保険が適用できるので、一番のメリットは価格です。
主な素材はプラスチック素材ですので、破損が生じても、修理がしやすい特徴があります。
樹脂は割れないようにかなり厚めに作られており、熱を伝えにくい素材なので、
舌の可動範囲が狭くなり、食べ物の温度、触感が阻害されることにより味覚が感じにくくなります。
また、留め金は残っている歯を取り囲むようにして入れ歯を固定します。
その為、歯の状態によっては、笑った時に見えたり、多少口の中で違和感があるデメリットがあります。

合わない入れ歯は他の健康な歯やあごに対して様々な問題を引き落とす原因に

  • 他の歯が傷ついたり、虫歯の元に
  • 咬合が悪くなり肩こりなどの原因に
  • 日々のストレスで別の病気の発病も

保険適用内の入れ歯であっても、様々なプロフェッショナルが在籍する歯科グループだからこそ、
レベルの高い歯科治療をお約束します。

金属床

金属床義歯とは入れ歯の土台部分が金属でできている入れ歯のことです。
金属床はコバルトクロム合金やチタン合金など様々な種類の金属を使用し、製作には高い技術を必要とし、材料も高価なため自費診療となります。

金属を使くことにより強度が確保できるため、レジン床と比べて薄くできるのが金属床のメリットです。
レジン床は1.7㎜~2.4㎜程度の厚みがありますが、金属床は0.4㎜~0.6㎜程度とその差は約4倍ほどもあります。
口内は非常に繊細で少しの厚みの差でも使用感は大きく変わります。強度が高く薄い金属床を使用することで装着時の違和感や不快感を極限まで抑えることができます。

金属床のメリット

  • 強度が確保できるため薄くできるため装着時の違和感が少ない
  • 割れや変形に強く丈夫
  • プラスチックのものより汚れがつきにくい
  • 食事をした際に熱伝導が良く自然に近い温度間隔で食事できる

金属床のデメリット

  • 保険がきかない為高額になる
  • 修理が難しい
  • 金属アレルギーの原因となりやすい(金属アレルギーの恐れが少ないチタンなどもあります)

料金表

※税抜き価格となります

その他詳しくはお問い合わせください

ピックアップコンテンツ

※休診日:日曜・祝日
※矯正診療日は変動制の為、ご確認下さい。
※木曜日は手術、矯正日の為一般診療は受け付けておりません。
TEL 06-6719-5104

ご予約はこちら