インプラントImplant

インプラントとは?

インプラントは歯茎の中に埋めるネジのことです。
インプラント治療とは、失った歯の代わりに人口の歯根を埋め、失った歯を補う治療法のことです。
歯を失った際の治療法にはブリッジや入れ歯などの治療法がありますが、インプラントはそれらとは違い1本1本独立しているため、残った健康な歯を削ったり負担をかけることがありません。

また、当院ではデジタルシステムで行いますので精度の高い治療が可能です。

デジタルインプラント(TORIOS3)とは?

 

インプラント1回法

  骨、歯茎が十分にある場合、1日で土台まで入れることができます
  治療期間が短くて済みます
  侵襲が少なくて済みますので術後の痛みや腫れがほとんどありません

 

インプラント2回法

  1回法と比べて治療期間はかかりますが、インプラントが長期間いい状態が
  続くよう、しっかりとしたインプラント周囲組織をつくります

 

 

以下のような処置が必要な場合もあります

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

残っている健康な歯を守る

インプラントは歯を失った個所に土台をつくり1本1本独立して埋め込みます。
ブリッジや入れ歯などは隣接する歯を削ったり周りの歯に負担がかかりますが、インプラント治療なら残った健康な歯によけいな負担をかけることなく治療が可能です。

自分の歯と同じ感覚で嚙める

インプラントは自分の歯と同じくらいまで噛む力が回復できるため、入れ歯などとは違い自分の歯と同じような感覚で食事ができます。
入れ歯の場合、自分の歯と比べると噛む力は大きく低下してしまいます。
そのため、噛みにくく食事に苦労される方もおられます。

骨が痩せるのを防ぐ

咀嚼には骨が痩せるのを防ぐ役割もあるため、歯を失い骨に咀嚼による刺激が伝わらなくなると骨は少しずつ痩せていきます。
インプラントは人口の歯根を埋める治療のため刺激が伝わりやすく、骨が痩せるのを防ぐことができます。

見た目が良い

歯を失った際の治療には保険が適用されるブリッジ治療や入れ歯での治療がありますが、これらは金属部分が見えて目立ってしまう場合があります。
インプラントは歯になじみやすい素材を使用できるため、高い審美性があります。

 

インプラントのデメリット

保険がきかない

インプラント治療は保険適用外となるため、保険適用のブリッジや入れ歯などと比較すると費用が高額になります。
事前のカウンセリングで費用についてもきちんとご説明させていただきますのでそれらを把握したうえで治療法をご検討ください。

手術が必要になる

インプラントは顎の骨にインプラントを埋め込むため手術が必要になります。
麻酔によって痛みは軽減されますが、ブリッジなど他の治療と比べると体への負担は大きくなりますので、重度の疾患などをお持ちの場合は治療ができない場合がございます。

治療期間が長い

インプラントの治療には埋め込んだインプラントと骨がしっかりと安定するまでに時間をを要するため、ブリッジや入れ歯などと比べ期間が長くなります。
期間は治療部位や状態によりますが、通常4か月から6か月ほどかかります。

メンテナンスが必要になる

インプラントは虫歯の心配はありませんが、インプラント周辺が歯周病になることがあります。
インプラントは歯周病などの炎症には抵抗力が弱いので、進行が急速に進み重症化しやすくなります。
そうならないためにも定期的に適切なメンテナンスを行う必要があります。

 

 

料金表

※税抜き価格となります

※かぶせ物は種類により料金が異なります
その他詳しくはお問い合わせください

ピックアップコンテンツ

※休診日:日曜・祝日
※矯正診療日は変動制の為、ご確認下さい。
※木曜日は手術、矯正日の為一般診療は受け付けておりません。
TEL 06-6719-5104

ご予約はこちら